1. トップ
  2. 病院紹介
  3. 病院指標

病院指標

  • 令和元年度
  • 平成30年度
  • 平成29年度
  • 平成28年度
  • 平成27年度

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - 17 20 27 72 164 439 570 274

当院では60歳以上の患者様の割合が90%、70歳以上の患者様の割合が80%で、ご高齢の方のが多く入院する病院です。一般病棟109床(内、地域包括ケア病床38床)・障害者病棟38床のケアミックス型病院で、急性期から慢性期まで幅広く治療を行っています。
また、2020年7月より透析用病床の稼働を開始いたしました。詳細につきましてはお問い合わせください。
入院対応診療科:内科・外科・整形外科・眼科・皮膚科

診断群分類別患者数等
(診療科別患者数上位5位まで)

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 83 40.27 20.84 8.43 86.54
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 58 29.93 12.58 3.45 83.83
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 46 45 18.69 6.52 87.37
0400800499x01x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 44 36.98 21.84 6.83 88.98
050130xx99000x 心不全 31 25.68 17.71 12.9 90.16

内科では主に在宅で療養を行っている患者様が、肺炎や尿路感染症・脱水症などを発症した際に集中的に治療を行うために入院される患者様が多くを占めています。 急な病気により在宅での生活が難しくなった患者様について、入院加療を行って在宅で生活できる状態に戻す役割を担っています。
平均在院日数については、高齢者が多い事と慢性期病棟を含めた全ての病棟での在院日数となっているため、全国平均より長くなっております。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 25 3.2 4.62 0 65.2
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 24 3 4.36 0 62.71
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 18 6.22 4.85 0 74.5
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 10 21.9 13.70 10 71.8
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 - - 8.89 - -

外科では、悪性腫瘍の患者様を多く受け入れています。化学療法にて定期的に入退院を繰り返す患者様以外に、緩和ケアを目的とした患者様に対しても、認定看護師を中心とした緩和ケアチームよるケアを行っています。
消化器系疾患の手術も行っております。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 45 33.84 25.94 20 85.53
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 13 4.08 6.25 0 71.77
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) - - 19.40 - -
160760xx97xxxx 前腕の骨折 - - 5.54 - -
160980xx99x0xx 骨盤損傷 - - 19.59 - -

整形外科では、転倒などにより股関節や大腿骨を骨折してしまった患者様や、胸腰椎の圧迫骨折など急性発症した疾患に対し手術加療を行う患者様が多く入院しております。手術後には在宅に帰れるよう早期からリハビリテーションを提供しています。また、必要に応じてリハビリテーション専門の回復期病棟のある病院へ紹介も行っています。
平均在院日数については、高齢者が多い事と慢性期病棟を含めた全ての病棟での在院日数となっているため、全国平均より長くなっております。

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 250 2.78 2.78 0 75.23
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 57 2.74 5.09 0 76.28
020220xx97xxx0 緑内障 10 3 7.53 0 75.4
020240xx97xxx0 硝子体疾患 - - 5.95 - -
- - - - - - -

眼科では、白内障手術目的での入院を取り扱っております。主に2泊3日での入院手術を行っています。
近隣病院からの手術依頼もお受けしております。

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 15 8.67 9.00 0 71.73
080010xxxx0xxx 膿皮症 - - 12.55 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -

皮膚科では主に発症後間もない帯状疱疹の患者様に対し、抗ウイルス薬の点滴加療を行っています。

初発の5⼤癌のUICC 病期分類別並びに再発患者数

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 4 0 3 2 0 3 1 8
大腸癌 1 8 2 1 0 70 1 8
乳癌 1 4 5 0 0 13 1 8
肺癌 0 0 3 0 0 10 1 8
肝癌 0 0 0 0 0 5 1 8
  • 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院では、手術、化学療法、緩和ケア目的等様々な癌患者様の受け入れを行っています。
初発の患者様は胃がんで9件、大腸がんで12件、乳癌で10件、肺癌で3件となっており、自施設での診断、加療も行っております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

  患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 7 7.71 39.71
中等症 34 23.53 82.03
重症 17 53.29 85.59
超重症 - - -
不明 - - -

市中肺炎の患者様については、軽度~重度まで幅広い病態に対して入院加療を行える体制を整えております。
件数が少ないですが、超重症の方の受け入れもしています。

脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 18 50.57 84.98 11.12

脳梗塞の患者様については常勤の脳神経外科医が不在ではありますが、急性期の加療も行っております。
また、超急性期加療を終了された方の継続加療もお受けしております。

診療科別主要手術別患者数等
(診療科別患者数上位5位まで)

内科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 19 24.11 38.11 42.11 82
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -

内科における手術に関しては、胃瘻造設術およびポリープ切除など、内視鏡を使用したものを行っております。

外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 18 1.17 4.06 0 74.5
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) - - - - -

外科における手術に関しては、鼡径ヘルニア手術、大腸の悪性腫瘍に関する手術などを主に行っております。
その他にも乳房やその他消化器系の手術も行っています。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0811 人工骨頭挿入術(股) 25 3.36 26.52 28 84.08
K0461 骨折観血的手術(大腿) 23 3.22 32.52 8.7 86.48
K0462 骨折観血的手術(下腿) - - - - -
K0821 人工関節置換術(膝) - - - - -
K0732 関節内骨折観血的手術(手) - - - - -

整形外科における手術に関しては、大腿骨や股関節の手術を主として、様々な骨折などの疾患に対して手術を行っております。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 306 0.77 1.01 0 75.37
K2682 緑内障手術(流出路再建術) - - - - -
K279 硝子体切除術 - - - - -
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない) - - - - -
- - - - - - -

眼科における手術に関しては、ほとんどが白内障の患者様に対し2泊3日での手術を行っています。
近隣の病院からの紹介も多く、月に20~30件の手術を実施しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.06
異なる 2 0.13
180010 敗血症 同一 3 0.19
異なる 8 0.5
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 3 0.19
180040 手術・処置等の合併症 同一 3 0.19
異なる 1 0.06

症例数は多くありませんが、敗血症および播種性血管内凝固症候群の治療実績もあります。
播種性血管内凝固症候群、敗血症に関しては入院中に発症し加療を行うことがほとんどです。高齢の方の入院が多く、重症化したことが原因と考えられます。
手術・処置等の合併症に関しては、中心静脈カテーテルの感染の加療を行っています。在宅で加療を行う際、食事がとれない方に点滴で栄養補給をおこなうため、その点滴を流す管を体内に留置する必要があります。その留置箇所に何らかの原因で感染を起こし、加療が必要なため入院となっております。

更新履歴
2016/09/26
初版作成
2017/09/27
指標更新(28年度)
2018/09/27
指標更新(29年度)
2019/09/30
指標更新(30年度)
2020/09/23
指標更新(令和元年度)

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 4 20 17 39 69 205 416 602 305

当院では60歳以上の患者様の割合が90%、70歳以上の患者様の割合が80%で、ご高齢の方のが多く入院する病院です。
一般病棟109床(内、地域包括ケア病床16床)・障害者病棟38床のケアミックス型病院で、急性期から慢性期まで幅広く治療を行っています。
入院対応診療科:内科・外科・整形外科・眼科・皮膚科

診断群分類別患者数等
(診療科別患者数上位5位まで)

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 104 49.59 20.92 5.7 85.1  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 91 22.94 12.58 3.3 80.5  
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 67 38.34 18.59 7.5 88.4  
0400800499x01x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 46 42.21 21.97 4.3 88.8  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 38.76 17.66 0 88.1  

内科では主に在宅で療養を行っている患者様が、肺炎や尿路感染症・脱水症などを発症した際に集中的に治療を行うために入院される患者様が多くを占めています。 急な病気により在宅での生活が難しくなった患者様について、入院加療を行って在宅で生活できる状態に戻す役割を担っています。
平均在院日数については、高齢者が多い事と慢性期病棟を含めた全ての病棟での在院日数となっているため、全国平均より長くなっております。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 21 8.71 4.96 0 69.4  
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-7あり 副傷病なし 15 3.06 4.8 0 64.9  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 13.21 8.95 0 73.4  
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 副傷病なし 13 3.15 4.33 0 73.4  
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 副傷病なし 10 3.30 4.41 0 72.3  

外科では、悪性腫瘍の患者様を多く受け入れています。化学療法にて定期的に入退院を繰り返す患者様以外に、緩和ケアを目的とした患者様に対しても、認定看護師を中心とした緩和ケアチームよるケアを行っています。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 33 31.96 26.30 12.1 87.4  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし 副傷病なし 11 42 19.61 0 76.9  
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし - - - - -  
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり - - - - -  
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし - - - - -  

整形外科では、転倒などにより股関節や大腿骨を骨折してしまった患者様や、胸腰椎の圧迫骨折など急性発症した疾患に対し手術加療を行う患者様が多く入院しております。手術後には在宅に帰れるよう早期からリハビリテーションを提供しています。また、必要に応じてリハビリテーション専門の回復期病棟のある病院へ紹介も行っています。
平均在院日数については、高齢者が多い事と慢性期病棟を含めた全ての病棟での在院日数となっているため、全国平均より長くなっております。

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 219 2.98 2.84 0 75.3  
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 22 3 8 0 73.3  
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 10 3 5.39 0 77  
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 - - - - -  
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - - - -  

眼科では、白内障手術目的での入院を取り扱っております。主に2泊3日での入院手術を行っています。
近隣病院からの手術依頼もお受けしております。

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 24 7.87 8.98 0 70.2  
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 10 9.90 12.51 0 71.5  
080250xx9701xx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2あり - - - - -  
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満)手術なし 手術・処置等2なし - - - - -  
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり - - - - -  

皮膚科では主に発症後間もない帯状疱疹の患者様に対し、抗ウイルス薬の点滴加療を行っています。

初発の5⼤癌のUICC 病期分類別並びに再発患者数

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 10 1 8
大腸癌 - - - - - 60 1 8
乳癌 - - - - - 14 1 8
肺癌 - - - - - 23 1 8
肝癌 - - - - - - 1 8
  • 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院では、手術、化学療法、緩和ケア目的等様々な癌患者様の受け入れを行っています。
初発の患者様は胃がんで3件、大腸がんで13件、乳癌で4件、肺癌で1件となっており、自施設での診断、加療も行っております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

  患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 - - -
中等症 50 22.28 81.88
重症 22 55.41 85.36
超重症 - - -
不明 - - -

市中肺炎の患者様については、軽度~重度まで幅広い病態に対して入院加療を行える体制を整えております。
件数が少ないですが、超重症の方の受け入れもしています。

脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 12 58 85.42 25
その他 4 97 78 6

脳梗塞の患者様については常勤の脳神経外科医が不在ではありますが、急性期の加療も行っております。
また、超急性期加療を終了された方の継続加療もお受けしております。

診療科別主要手術別患者数等
(診療科別患者数上位5位まで)

内科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 29 20.86 57.24 37.93 81.76  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 12 5.92 7.25 0 79.75  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -  
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -  
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - - - - -  

内科における手術に関しては、胃瘻造設術およびポリープ切除などを内視鏡を使用したものを行っております。

外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 22 4.68 9.09 4.55 4.55  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 12 40.92 24.67 8.33 77.75  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) - - - - -  
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) - - - - -  
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) - - - - -  

外科における手術に関しては、鼡径ヘルニア手術、大腸の悪性腫瘍に関する手術などを主に行っております。
その他にも消化器系の手術を行っています。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 25 5 22.92 4 87.16  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 10 3 26 30.0 88.1  
K0462 骨折観血的手術(前腕) - - - - -  
K142-4 経皮的椎体形成術 - - - - -  
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) - - - - -  

整形外科における手術に関しては、大腿骨や股関節の手術を主として、様々な骨折などの疾患に対して手術を行っております。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 225 0.99 1 0 75.28  
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 22 1 1 0 73.36  
K279 硝子体切除術 - - - - -  
K208 麦粒腫切開術 - - - - -  
- - - - - - -  

眼科における手術に関しては、ほとんどが白内障の患者様に対し2泊3日での手術を行っています。
近隣の病院からの紹介も多く、月に20~30件の手術を実施しています。

皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0021 デブリードマン(100cm2未満) - - - - -  
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -  
K006-41 皮膚腫瘍冷凍凝固摘出術(長径3cm未満の良性皮膚腫瘍) - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

皮膚科での手術は件数は多くなく、また外来での手術を主に行っております。患者様の状態、病状等に合わせ入院での手術も行います。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 3 0.18
180010 敗血症 同一 2 0.12
異なる 10 0.6
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 4 0.24
異なる 0 -

症例数は多くありませんが、敗血症および播種性血管内凝固症候群の治療実績もあります。
播種性血管内凝固症候群、敗血症に関しては入院中に発症し加療を行うことがほとんどです。高齢の方の入院が多く、重症化したことが原因と考えられます。
手術・処置等の合併症に関しては、中心静脈カテーテルの感染の加療を行っています。在宅で加療を行う際、食事がとれない方に点滴で栄養補給をおこなうため、その点滴を流す管を体内に留置する必要があります。その留置箇所に何らかの原因で感染を起こし、加療が必要なため入院となっております。

更新履歴
2016/09/26
初版作成
2017/09/27
指標更新(28年度)
2018/09/27
指標更新(29年度)
2019/09/30
指標更新(30年度)

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 12 26 28 42 67 212 434 700 320

当院では60歳以上の患者様の割合が90%、70歳以上の患者様の割合が80%で、ご高齢の方のが多く入院する病院です。
一般病棟109床(内、地域包括ケア病床16床)・障害者病棟38床のケアミックス型病院で、急性期から慢性期まで幅広く治療を行っています。
入院対応診療科:内科・外科・整形外科・眼科・皮膚科

診断群分類別患者数等
(診療科別患者数上位5位まで)

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 120 25.84 20.83 5 85.21  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 83 26.37 12.34 1.2 85.23  
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 58 27.84 18.48 0 87.7  
0400800499x01x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 36 41.94 21.86 5.56 88.81  
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし A-DROP スコア2 27 15.33 15.12 0 87.93  

内科では主に在宅で療養を行っている患者様が、肺炎や尿路感染症・脱水症などを発症した際に集中的に治療を行うために入院される患者様が多くを占めています。 急な病気により在宅での生活が難しくなった患者様について、入院加療を行って在宅で生活できる状態に戻す役割を担っています。
平均在院日数については、高齢者が多い事と慢性期病棟を含めた全ての病棟での在院日数となっているため、全国平均より長くなっております。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x9xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-9あり 16 10.5 6.78 0 64  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 12 8.98 0 71  
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 副傷病なし 14 7.43 4.88 0 65.36  
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 副傷病なし 12 3 4.38 0 72.58  
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-7あり 副傷病なし 12 3 4.81 0 70.33  

外科では、悪性腫瘍の患者様を多く受け入れています。化学療法にて定期的に入退院を繰り返す患者様以外に、緩和ケアを目的とした患者様に対しても、認定看護師を中心とした緩和ケアチームよるケアを行っています。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 58 31.26 27.09 24.14 86  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし 副傷病なし - - - - -  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし - - - - -  
160720xx01xx0x 肩関節周辺の骨折脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 副傷病なし - - - - -  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 - - - - -  

整形外科では、転倒などにより股関節や大腿骨を骨折してしまった患者様や、胸腰椎の圧迫骨折など急性発症した疾患に対し手術加療を行う患者様が多く入院しております。手術後には在宅に帰れるよう早期からリハビリテーションを提供しています。また、必要に応じてリハビリテーション専門の回復期病棟のある病院へ紹介も行っています。
平均在院日数については、高齢者が多い事と慢性期病棟を含めた全ての病棟での在院日数となっているため、全国平均より長くなっております。

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 29 3 8.51 0 76.9  
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし - - - - -  
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

眼科では、上記以外にも白内障手術目的での入院を取り扱っております。主に2泊3日での入院手術を行っています。
近隣病院からの手術依頼もお受けしております。

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 14 7.5 8.95 0 63.79  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - - - -  
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1なし - - - - -  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - - - -  
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2なし - - - - -  

皮膚科では主に発症後間もない帯状疱疹の患者様に対し、抗ウイルス薬の点滴加療を行っています。

初発の5⼤癌のUICC 病期分類別並びに再発患者数

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 12 1 7
大腸癌 - - 10 12 - 95 1 7
乳癌 - - - - - 23 1 7
肺癌 - - - - - 10 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
  • 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院では、手術、化学療法、緩和ケア目的等様々な癌患者様の受け入れを行っています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

  患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 - - -
中等症 23 24.87 86.61
重症 68 19.99 79.21
超重症 - - -
不明 - - -

市中肺炎の患者様については、軽度~重度まで幅広い病態に対して入院加療を行える体制を整えております。
件数が少ないですが、超重症の方の受け入れもしています。

脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 21 43.48 83.67 11.11
その他 - - - -

脳梗塞の患者様については常勤の脳神経外科医が不在ではありますが、急性期の加療も行っております。
また、超急性期加療を終了された方の継続加療もお受けしております。

診療科別主要手術別患者数等
(診療科別患者数上位5位まで)

内科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 16 38.13 39.5 37.5 81.75  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -  
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -  
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) - - - - -  

内科における手術に関しては、胃瘻造設術およびポリープ切除などを内視鏡を使用したものを行っております。

外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 16 2.25 3.31 0 77.06  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 10 8.5 27.5 0 72.1  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -  
K0003ロ 創傷処理(筋肉、臓器に達する)(長径10cm以上)(その他) - - - - -  

外科における手術に関しては、鼡径ヘルニア手術、大腸の悪性腫瘍に関する手術を主に行っております。
その他にも消化器系の手術を行っています。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 37 2.97 28.62 16.22 85.78  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 28 3.14 29.61 28.57 85.82  
K0462 骨折観血的手術(前腕) - - - - -  
K0821 人工関節置換術(膝) - - - - -  
K142-4 経皮的椎体形成術 - - - - -  

整形外科における手術に関しては、大腿骨や股関節の手術を主として、様々な骨折などの疾患に対して手術を行っております。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 253 1 1 0 76.95  
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 31 0.97 1 0 76.81  
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -  
K279 硝子体切除術 - - - - -  
- - - - - - -  

眼科における手術に関しては、ほとんどが白内障の患者様に対し2泊3日での手術を行っています。
近隣の病院からの紹介も多く、月に20~30件の手術を実施しています。

皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

皮膚科での手術は件数は多くなく、また外来での手術を主に行っております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.05
異なる 3 0.16
180010 敗血症 同一 3 0.16
異なる 8 0.43
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 2 0.11
180040 手術・処置等の合併症 同一 4 0.22
異なる 3 0.16

症例数は多くありませんが、敗血症および播種性血管内凝固症候群の治療実績もあります。

更新履歴
2016/09/26
初版作成
2017/09/27
指標更新(28年度)
2018/09/27
指標更新(29年度)

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - 33 27 74 83 313 586 715 312

当院では60歳以上の患者様の割合が90%、70歳以上の患者様の割合が75%で、高齢の方のが多く入院する病院です。
一般病棟109床(内、地域包括ケア病床16床)・障害者病棟38床のケアミックス型病院で、急性期から慢性期まで幅広く治療を行っています。
入院対応診療科:内科・外科・整形外科・眼科・皮膚科

診断群分類別患者数等
(診療科別患者数上位5位まで)

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 119 34.47 21.25 14.29 85.07  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 76 24.41 12.43 1.32 81.14  
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 46 24.74 18.68 2.17 86.72  
0400800499x01x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病あり 41 32.32 21.80 9.76 88.95  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 26 12.46 9.08 3.85 74.15  

内科では主に在宅で療養を行っている患者様が、肺炎や尿路感染症・脱水症などを発症した際に集中的に治療を行うために入院される患者様が多くを占めています。
急な病気により在宅での生活が難しくなった患者様について、入院加療を行って在宅で生活できる状態に戻す役割を担っています。
平均在院日数については、高齢者が多い事と慢性期病棟を含めた全ての病棟での在院日数となっているため、全国平均より長くなっております。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-7あり 副傷病なし 52 2.9 4.98 0 70.83  
060020xx99x7xx 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-7あり 24 3.5 8.11 0 68.75  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 16 49.75 21.25 0 77.75  
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 副傷病なし 15 3.67 4.48 0 70.60  
060035xx99x70x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-7あり 副傷病なし 14 2.64 4.84 0 62.43  

外科では、悪性腫瘍の患者様を多く受け入れています。化学療法にて定期的に入退院を繰り返す患者様以外に、緩和ケアを目的とした患者様に対しても、認定看護師を中心とした緩和ケアチームよるケアを行っています。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 80 43.43 27.63 23.75 84.53  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 11 27.18 20.57 18.18 82.36  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし - - - - -  
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2-なし - - - - -  
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 副傷病なし - - - - -  

整形外科では、転倒などにより股関節や大腿骨を骨折してしまった患者様や、胸腰椎の圧迫骨折など急性発症した疾患に対し手術加療を行う患者様が多く入院しております。手術後には在宅に帰れるよう早期からリハビリテーションを提供しています。また、必要に応じてリハビリテーション専門の回復期病棟のある病院へ紹介も行っています。
平均在院日数については、高齢者が多い事と慢性期病棟を含めた全ての病棟での在院日数となっているため、全国平均より長くなっております。

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 34 3 9.15 0 79.26  
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2-なし 15 3.27 3.44 0 73.40  
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 8 3 7.01 0 80.50  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

眼科では、白内障や緑内障の手術適応の患者様に対し、主に2泊3日での入院手術を行っています。
また、眼瞼下垂症に対して健康保険適用での手術を行っています。

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 45 7.16 8.96 0 73.51  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 13 9.46 11.97 - 71.38  
080250xx9701xx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-あり - - - - -  
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1-なし - - - - -  
080250xx9700xx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし - - - - -  

皮膚科では主に発症後間もない帯状疱疹の患者様に対し、抗ウイルス薬の点滴加療を行っています。

初発の5⼤癌のUICC 病期分類別並びに再発患者数

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 53   7
大腸癌 - - 12 23 - 157   7
乳癌 - - - - - 18   7
肺癌 - - - - - 10   7
肝癌 - - - - - -   7
  • 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院では、手術、化学療法、緩和ケア目的等様々な癌患者様の受け入れを行っています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

  患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 - - -
中等症 89 26.72 75.11
重症 13 52.54 86.92
超重症 - - -
不明 - - -

市中肺炎の患者様については、軽度~重度まで幅広い病態に対して入院加療を行える体制を整えております。
件数が少ないですが、超重症の方の受け入れもしています。

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 21 43.48 83.67 11.11
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内        
その他        
I63$ 脳梗塞 3日以内 29 27.21 82.58 11.76
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内        
その他        
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内        
その他        
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内        
その他        
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内        
その他        

脳梗塞の患者様については常勤の脳神経外科医が不在のため、超急性期治療を終えた患者様の転院の受入などを行っております。

診療科別主要手術別患者数等
(診療科別患者数上位5位まで)

内科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 15 8.73 6.60 13.33 73.60  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 15 17.67 31.27 26.67 81.73  
K6871 内視鏡的乳頭拡張術 - - - - -  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置 - - - - -  
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -  

内科における手術に関しては、胃瘻造設術およびポリープ切除などを内視鏡を使用したものを行っております。

外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 19 1.42 1.95 0 74.26  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置 - - - - -  
K718-22
腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの)
- - - - -  
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置 - - - - -  

外科における手術に関しては、短期滞在での鼡径ヘルニア手術を主に行っております。
その他にも消化器系の手術を行っています。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 51 3.31 40.39 27.45 83.75  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 33 3.97 37.45 15.15 85.70  
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 11 1.91 12.55 0 64.09  
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) - - - - -  
K0484 骨内異物(挿入物を含む)除去術(鎖骨等) - - - - -  

整形外科における手術に関しては、大腿骨や股関節の手術を主として、様々な骨折などの疾患に対して手術を行っております。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 355 1 1 0 75.89  
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 37 1 1 0 79.03  
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 15 0.93 1.33 0 1.33  
K279 硝子体切除術 - - - - -  
- - - - - - -  

眼科における手術に関しては、ほとんどが白内障の患者様に対し2泊3日での手術を行っています。
近隣の病院からの紹介も多く、月に30~40件の手術を実施しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.05
異なる 3 0.14
180010 敗血症 同一 5 0.23
異なる 9 0.42
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.05
異なる    
180040 手術・処置等の合併症 同一 3 0.14
異なる 1 0.05

症例数は多くありませんが、敗血症および播種性血管内凝固症候群の治療実績もあります。

更新履歴
2016/09/26
初版作成
2017/09/27
指標更新(28年度)

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 11 27 30 46 101 337 588 795 282

当院では60歳以上の患者様の割合が90%、70歳以上の患者様の割合が75%で、高齢の方のが多く入院する病院です。
一般病棟109床(内、地域包括ケア病床16床)・障害者病棟38床のケアミックス型病院で、急性期から慢性期まで幅広く治療を行っています。
入院対応診療科:内科・外科・整形外科・眼科・皮膚科

診断群分類別患者数等
(診療科別患者数上位3位まで)

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 200 27.94 14.34 7.5 80.96  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 79 34.14 21.69 11.39 85.66  
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 46 25.15 12.60 4.35 81.28  

内科では主に在宅で療養を行っている患者様が、肺炎や尿路感染症・脱水症などを発症した際に集中的に治療を行うために入院される患者様が多くを占めています。
急な病気により在宅での生活が難しくなった患者様について、入院加療を行って在宅で生活できる状態に戻す役割を担っています。
平均在院日数については、高齢者が多い事と慢性期病棟を含めた全ての病棟での在院日数となっているため、全国平均より長くなっております。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 副傷病なし 166 4.31 4.51 0 4.51  
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 49 49 4.53 0 63.90  
060035xx99x30x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 24 3.08 5.51 0 85.13  

外科では、悪性腫瘍の患者様を多く受け入れています。化学療法にて定期的に入退院を繰り返す患者様以外に、緩和ケアを目的とした患者様に対しても、認定看護師を中心とした緩和ケアチームによりフォローを行っています。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 53 40.11 28.70 16.98 86.72  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 20 42.55 21.52 10 79.55  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし - - - - -  

整形外科では、転倒などにより股関節や大腿骨を骨折してしまった患者様や、胸腰椎の圧迫骨折など急性発症した疾患に対し手術加療を行う患者様が多く入院しております。手術後には在宅に帰れるよう早期からリハビリを提供しており、必要に応じてリハビリ専門の回復期病棟のある病院へ紹介も行っています。
平均在院日数については、高齢者が多い事と慢性期病棟を含めた全ての病棟での在院日数となっているため、全国平均より長くなっております。

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 22 3 3.54 0 78.41  
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 11 3 9.57 0 77.91  
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 - - - - -  

眼科では、白内障や緑内障の手術適応の患者様に対し、主に2泊3日での入院手術を行っています。
また、眼瞼下垂症に対して健康保険適用での手術を行っています。

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 42 7.14 8.97 0 72.21  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 15 9.53 11.97 0 83.20  
161000x199x0xx
熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 手術・処置等2なし - - - - -  

皮膚科では主に発症後間もない帯状疱疹の患者様に対し、抗ウイルス薬の点滴加療を行っています。

初発の5⼤癌のUICC 病期分類別並びに再発患者数

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 11 - 35 1 7
大腸癌 - 12 11 - 28 260 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - 12 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
  • 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院では主に化学療法対象の患者様を多く受け入れており、他には手術適応の癌患者様や、緩和ケア目的での転院患者様の受入も行っております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

  患者数 平均在院日数 平均年齢
重症度 0 16 10.75 50.88
重症度 1 51 15.84 79.04
重症度 2 52 27.81 85.73
重症度 3 31 34.68 90.06
重症度 4 25 47.16 81.88
重症度 5 34 27.82 89.06
不明 - - -

市中肺炎の患者様については、軽度~重度まで幅広い病態に対して入院加療を行える体制を整えております。

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内        
その他        
I63$ 脳梗塞 3日以内 44 35.50 83.50 6.38
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内        
その他        
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内        
その他        
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内        
その他        
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内        
その他        

脳梗塞の患者様については常勤の脳神経外科医が不在のため、超急性期治療を終えた患者様の転院の受入などを行っております。

診療科別主要手術別患者数等
(診療科別患者数上位3位まで)

内科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 22 46.59 50.14 27.27 77.55  
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2センチメートル未満) 11 9 15.55 9.09 74  
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満 - - - - -  

内科における手術に関しては、胃瘻造設術および内視鏡下でのポリープ切除を行っております。

外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 16 1.88 6.06 0 70.06  
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 11 8 11.91 - 77  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -  

外科における手術に関しては、短期滞在での鼡径ヘルニア手術を主に行っております。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 37 3.62 33.32 18.92 84.14  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 23 3.26 37.96 13.04 86.52  
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 12 1 7.83 0 58.58  

整形外科における手術に関しては、大腿骨や股関節の手術を主として、様々な骨折などの疾患に対して手術を行っております。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 392 0.98 1.17 0 76.86  
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 22 1 1 0 78.41  
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 10 1 1 0 77.60  

眼科における手術に関しては、ほとんどが白内障の患者様に対し2泊3日での手術を行っています。
近隣の病院からの紹介も多く、月に30~40件の手術を実施しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一    
異なる 1 0.05
180010 敗血症 同一 1 0.05
異なる 4 0.18
180035 その他の真菌感染症 同一    
異なる    
180040 手術・処置等の合併症 同一 7 0.32
異なる 2 0.09

症例数は多くありませんが、敗血症および播種性血管内凝固症候群の治療実績もあります。

更新履歴
2016/09/26
初版作成

ページのトップへ

受付時間
  • 午前
    8:00~12:30
    診療 9:00~
  • 午後
    8:00~17:00
    診療 14:00~

0570-783-706