診療科・部門

整形外科

整形外科では骨関節疾患や脊柱の疾患を扱っており、肩痛、膝痛などの関節痛の他に頸部痛、肩こり、腰痛、手足のしびれ、神経痛などを対象にしております。

関節の変形性疾患に対しては投薬加療、関節内注射など保存的加療を行いますが、症状が強い場合は手術を行います。 脊柱疾患は薬物療法、神経ブロックを行い、症状によっては手術を行います。
骨折、脱臼、靭帯・腱断裂に対しては、整形外科医が迅速に対応します。
骨粗鬆症に対しては、骨密度を測定し最新の治療薬を用いて骨折を予防します。
骨粗鬆症に伴う脊柱骨折に対して疼痛が強い場合BKPバルーン・カイフォプラスティ(椎体形成術)も行っております。

ご不明な点はお気軽にご相談頂けたら幸いです。

医師紹介

昭和63年宮﨑医科大学(現 宮崎大学医学部)卒
大屋 祐志
専門:脊椎疾患、外傷一般

主な学会活動:
日本整形外科学会専門医
 
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
 
日本脊椎脊髄学会指導医
  • 担当医表・受診時間
  • 休診・代診のお知らせ

受診時間について

※ 受診時間は一覧表を確認。

ページトップへ