診療科・部門

リハビリテーション科

理念

「地域に密着した、信頼と質の高いリハビリテーションを提供します。」

【理念の実行方法】

  • ・地域に根差したリハビリテーションサービスの提供
  • ・患者様とスタッフが共に心地よい環境作りに努める
  • ・柔軟な思考を持ち、知識・技術の向上に努める

リハビリテーション技術科業務

  • ● 外来リハビリテーション
  • ● 入院リハビリテーション
  • ● 訪問リハビリテーション

スタッフ紹介

  • 理学療法士 13名
  • 作業療法士  2名
  • 言語聴覚士  2名
  • あん摩マッサージ指圧師 1名
  • 事務     1名

理学療法士とは?

理学療法士はPhysical Therapist(PT)とも呼ばれます。
ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、座る、立つ、歩くなどの機能的回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援するリハビリテーションの専門職です。

理学療法士のお仕事は?

患者様ひとりひとりについて医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切な運動療法や物理療法のプログラムを作成、実践します。

作業療法士とは?

作業療法士は、Occupational Therapist(OT)とも呼ばれ、身のまわりのこと(食事やトイレなど)や家事・趣味・仕事など、「その人らしい」生活の獲得を目標に支援するリハビリテーションの一員です。

作業療法士のお仕事は?

作業療法士は食事、トイレ、入浴といった身のまわりの動作や・箸を持つ・料理をする・買い物などの日常生活動作が出来るように訓練をします。患者様一人ひとりと向き合い、寄り添ってその人に合った方法でのリハビリを行ないます。

言語聴覚士とは?

ことばによるコミュニケーションには言語、聴覚、発声・発音、認知などの各機能が関係していますが、病気や交通事故、発達上の問題などでこのような機能が損なわれることがあります。言語聴覚士はことばによるコミュニケーションに問題がある方に専門的サービスを提供し、退院に向けた支援をする専門職です。また、摂食・嚥下の問題にも専門的に対応します。

リハビリテーション科の特徴

外来リハビリテーション

整形外科外来を受診し、医師の指示により理学療法士または作業療法士が疼痛の軽減、運動指導等、日常生活動作を獲得していくリハビリテーション

入院リハビリテーション

入院中、医師の指示により理学療法士が日常生活動作の自立支援していくリハビリテーションを行います。

訪問リハビリテーション

金沢区全域と磯子区(洋光台・杉田・上中里・氷取沢・峯町寝)を中心に、寝たきりなどで、一人でトイレに行ったり、家事など日常生活の動作が困難な方に、ご本人が自立して生活できるよう、住み慣れたご自宅に理学療法士が訪問しリハビリテーションを行います。

ページトップへ