診療科・部門

検査科

検査科では、診断や病状・治療効果の判定に必要な検査を行っています。
検査は患者様から採取した血液・尿・便・穿刺液・細胞等の検体を扱う検体検査と、心電図や脳波、超音波など、直接患者さんの体から情報を得る生理検査があります。

臨床検査とは

医師が病気を診断し治療していくためには、患者様のからだの状態を知らなければなりません。
からだの状態を知るためには、それにまつわる様々なサインを確認していくことが大切です。
血液・尿等、採取された検体から得られた情報を医師に提供しその情報を元に病気の治療や治療方針を決めます。

検査の種類

■ 【血液検査】

血液中の細胞(赤血球、白血球、血小板)の数や形態に異常がないかを調べます。
血液を凝固させたり溶かしたりする成分の検査もしています。

■ 【輸血検査】

輸血をする際、お互いの血液が適合するかどうかの検査をします(交差適合試験)
血液型には一般的なABO式以外にもたくさんあり、ABO式が同じでも輸血前にちゃんと問題がないか相性を調べておく必要があるのです。

■ 【生化学・免疫検査】

血液中に含まれる成分(酵素、蛋白、コレステロール、糖、電解質など)を調べて、肝臓や腎臓など体内の機能の異常がないかを検査します。また感染症の検査などもしています。

■ 【一般検査】

尿検査では尿中の成分(糖、蛋白、潜血など)や細胞(赤血球、白血球など)を調べます。その他、便の潜血(大腸癌検診)や髄液、腹水等の検査もしています。

■ 【細菌検査】

患者様から採取される検体(喀痰、尿、便、血液など)から細菌を培養し、病気の原因となる菌を同定します。その細菌に効果のある薬剤を探す検査もします。

■ 【生理検査】

心電図(安静時心電図、運動負荷心電図、24時間心電図といろいろあります) 脳波をとったり、肺活量を調べたりする検査もしています。
また、ヒトの耳には聞こえない超音波を利用して、肝臓や腎臓・心臓・その他の「身体の中の臓器」を視覚的に観察するエコーの検査もおこなっています

■ 【緊急検査】

休日・夜間も限られた項目で血液検査、輸血検査、生化学・一般検査・生理検査を行っています。

○臨床検査技師の役割

医師が適切な診断や治療を行うには、患者様から得られた検査情報を正確に評価する必要があります。
これらの検査情報を得るための専門的な技術と知識をもつ職能集団が臨床検査技師です。
臨床検査技師の業務(任務)は、医師又は歯科医師の指示の下、検体や患者様の身体から得られた検査情報を正確に分析・評価し、それを医師に報告することです。

○臨床検査技師になるには

臨床検査技師になるためには、臨床検査技師に必要な基礎科目や専門科目を最低3年間修得した後(卒業が要件)、臨床検査技師国家試験に合格する必要があります。

ページトップへ