診療科・部門

内視鏡検査

口や肛門から内視鏡を入れ、食道・胃・小腸・大腸などの消化管、または胆管や膵管などの中を観察し治療を行う内視鏡検査は、日本が世界で最もリードしている分野です。
当院では最新の検査・治療機器、技術を駆使し、ドックや健診などスクリーニング検査による疾患の早期発見、他施設の検査で異常が見つかり御紹介いただいた方の精密検査、発見された早期がん(食道、胃、大腸など)の内視鏡治療まで一貫して行っています。

一方で広く良性疾患の診療も行っており、胃・十二指腸潰瘍、食道・胃静脈瘤などの消化管出血による吐・下血、胆石による急性胆管炎など緊急疾患に対する対応も行っています。

「胃カメラや大腸の内視鏡検査は辛そうだ」と心配になる方も多いと思いますが、当院の内視鏡室では、医師・看護師・内視鏡技師が一丸となって、皆様に苦痛なく安全に、正確な内視鏡検査・治療を受けていただくため、日々努力しています。
内視鏡診療に関すること、何でもお気軽にご相談ください。

内視鏡治療の具体的な内容

1.消化管癌(食道、胃、大腸)に対しての内視鏡治療(EMR、ESD)について

  1. はじめに
    Ⅳ期の消化管癌の予後は良好とはいえない現況があり、消化管癌の制圧には内視鏡による早期発見、早期治療が不可欠と考えられます。近年、内視鏡機器の発達により、消化管癌の早期発見が可能になってきました。また、内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)といった内視鏡治療は低侵襲でQOLを損なわない消化管癌の治療を可能にしています。一方で、癌の患者さんは各種既往疾患を患っていることが多く、優れた内視鏡治療には安定した全身管理、周術管理も重要と考えられます。
  2. EMRとは
    EMRは比較的小さな早期癌に対して施行される内視鏡治療です。
  3. ESDとは
    ESDは従来のEMRでは一括切除困難であった大きな病変や挙上困難な瘢痕含有病変に対して施行される内視鏡治療です。外科的手術と内視鏡治療の侵襲の差が最も大きい食道癌治療に対しては特にESDを重要視しています。

2.胃・十二指腸潰瘍の診療

「胃・十二指腸潰瘍」という病名はお聞きになったことがあると思います。ストレスや喫煙、飲酒、痛み止めや心臓の病気のために内服して薬剤が原因で胃や十二指腸粘膜に損傷が起こる病気です。放っておくと出血を起こし、吐血や下血の原因となります止血治療後も入院・外来を通じて潰瘍治療を継続し、胃がんを合併していないか検査を行ったり、潰瘍のもっとも大きな原因となるピロリ菌の検査・治療も行っています。

3. ERCP(逆行性膵胆管造影検査)

ERCPとは、内視鏡を用いて膵臓や胆道系に関連した疾患(総胆管結石による黄疸や膵炎、膵臓がんや胆管癌などの悪性腫瘍)の検査や治療を行う方法です。
腹痛や黄疸などの症状で異常が疑われた場合に行います。
胆石や悪性腫瘍が原因で胆道の流れが滞り、黄疸や感染を起こした病態を、閉塞性胆管炎といいます。黄疸や腹痛、炎症が強い場合には緊急に検査を行わなければ、命に関わることもあります。

ERCP検査で最も大きな合併症は膵炎ですが、的安全に検査を行っています。
また、現在でも治療が困難とされる膵臓癌や胆管癌、または他の悪性腫瘍により胆管が圧迫された場合でも、化学療法を継続する目的や、より長く元気で過ごしていただく目的のため、ステント(金属の筒)を留置して黄疸を改善する治療も行っています。

消化管出血

消化管出血に対して可能な限り、内視鏡検査が施行できるような体制を組み、内視鏡治療を中心とした診療を行っています。

当院内視鏡年間件数 H25年度
胃カメラ:981件 大腸カメラ:292件 ERCP:8件 ポリープ切除術:55件 EST:10件

ページトップへ